会社情報Corporate Information

広 報

当社宛入金先の銀行変更について

2021年5月26日

当社宛お振込先の銀行は、下記にご登録を変更頂きますようお願い致します。

銀行名:住信SBIネット銀行(銀行コード0038)
支店名・口座番号:お問い合せ下さい。

 

 

 

 

緊急事態宣言発出による営業対応のご案内

2021年1月14日

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1月13日(水)大阪府に発出された緊急事態宣言に従い、従業員の安全確保および感染拡大防止対策として下記継続致します。なお、今後の状況により対応方針は変更する場合がございます。

           記

1)期間

2021年1月14日(木)より、当面の期間

2)営業時間短縮

コア営業時間(電話・訪問ご対応の可能な営業時間)は下記と致します。

午前10時〜12時、午後1時〜午後4時

上記時間外のお問い合わせは、当WEBサイトの「問い合わせ」からお願い致します。

3)ご訪問について
・アポイント無きご訪問は全ての日時でお断りして居ります。
・各お打ち合わせや商談は、原則電話およびWeb会議にてお願い致します。
・発熱などの症状がある方の入室はお断り致します。
・入室時には必ずマスクを着用いただき、手指消毒をお願い致します。

以上ご迷惑をお掛けする事が有るかと存じますが、何卒ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

 

 

 

緊急事態宣言対応による営業時間の短縮を延長致します

2020年5月7日

大阪府より5月5日(火)発表された「大阪モデル」に従い、
従業員の安全確保及び感染拡大防止対策として下記営業時間の短縮を延長致します。

なお、今後の状況により対応方針は変更する場合がございます。

           記

1)期間

2020年5月7日(木)より、当面の期間

2)期間中のコア営業時間(ご対応可能な営業時間)

午前10時〜12時、午後1時〜午後4時

また、期間中のアポイント無きご訪問は全てお断りさせて頂きます。
以上ご迷惑をお掛けする事が有るかと存じますが、何卒ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

 

 

 

 

緊急事態宣言対応による営業時間の短縮を実施致します

2020年4月10日

新型コロナウイルスの感染拡大を受け4月7日(火)、政府より緊急事態宣言が発令されました。
弊社としても従業員の安全確保及び感染拡大防止対策として下記営業時間の短縮を行います。

なお、今後の状況により対応方針は変更する場合がございます。

           記

1)期間

2020年4月13日(月)~2020年5月6日(水)
※4月29日~5月6日はGW休業になります

2)期間中の営業時間

午前10時〜12時、午後1時〜午後4時

また、期間中のアポイント無きご訪問は全てお断りさせて頂きます。
以上ご迷惑をお掛けする事が有るかと存じますが、何卒ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

 

 

 

 

新型コロナウィルスへの対応について

2020年3月2日

■概要
自社の体制とEC事業者としての役割

■自社の体制
現在弊社のサプライチェーンに影響はございません。
自社の対策と致しまして、社内全室・全社用車内にプラズマクラスター空気清浄機を設置。入室時および適時手洗いやアルコール消毒を実施し、その他のウィルス低減措置も随時実施致します。また時差出勤等により、混雑時の公共交通機関の使用をなるべく避け、セミナー・宴席の実施・参加を当面見合わせます。

■EC事業者としての役割
当社はEC事業者として、一般商品に加えオーダー品も面談する事なく、自社ネットショップやAmazonを通じて様々な商品をご提供して参りました。その知見を活かし、必要とされる商品をメール電話等にて的確にお届けして参ります。また弊社ネットワークをフル活用し、ウィルス対策やテレワークを含め、必要とされるあらゆる商品・サービスを開発調達してご提供して参ります。

2015年1月

広報

関西IT百撰 2014年12月 受賞時の取組について

■概要
自社ネット通販の一層の拡充とメディアミックスへの取り組み。

■効果
駐輪場の管理用アイテムは、販売先数累計が5000社を超え、平均月商は2年でほぼ倍増。
また、新旧各クライアント様からWEB制作と会社案内制作の双方を受注するなど、電子媒体と紙媒体への知見の蓄積が好循環を生み出しています。

■その他の特徴
当社の強みは、ネット販売10数年で蓄積された顧客と、オリジナリティの高さにこだわった新商材の開発にあります。また、永年コニカミノルタグループ様と巾広くお取引き頂く中で培った、高いクオリティと低コストの両立を可能にする、国内・アジアでの巾広いネットワークを持つ事も特徴です。
今後もその知見やネットワークを活かし、市場での潜在的なニーズを地道にひとつひとつ実現し、積み上げていく姿勢を忘れず精進し、微力ながら世の中に貢献できれば幸いです。

代表者略歴

1981年 同志社大学商学部卒
ヤマハ発動機株式会社・共成社印刷株式会社勤務を経て
日光印刷工藝社に入社
1996年 日光印刷工藝社の全業務を引き継ぎ、有限会社プロメディア設立
2008年 有限会社を改組し、プロメディア株式会社の代表取締役に就任